顔の産毛を剃る剃らないのメリットデメリット

顔の産毛を剃る剃らないのメリットデメリット

あなたは顔の産毛を剃るか何からの処理はしていますか?働く女性の9割近くが顔の産毛を自己処理していると回答しているので、剃るか、剃らないか、抜くかはしていますよね。

 

剃るか、剃らないかというのは賛否両論あるのですが、それも個人差があります。

 

顔の産毛の濃い女性、もう男性ホルモン分泌が盛んすぎてひげのようになっている人は剃らないという選択肢=外出できないとなりますよね。
はたまた、メイクをしたらまあまあ見えなくなるけれど、夕方になったらファンデーションも乾いてきて、産毛が浮いてくる人はやはり剃る。ですよね。

 

あとは、剃らない人はすでに医療脱毛かエステサロンのレーザーか光で処理をしていて剃らないでも大丈夫という人。
最後は、最初から顔の産毛はほとんどなくて、剃る意味がわからない人ですね。

 

最後のベビースキンの女性がベストですが、働く女性は、そうは言っていられないのが現実ではないでしょうか?
仕事に通勤・家事に育児と大変なストレス社会で生きていますから、ホルモンバランスは崩れがちで、女性ホルモンは更年期同様に減少しているに違いありません。

 

となると、顔の産毛やひげが生えていても全然不思議はありませんから、「剃る」「剃らない」の選択が必要になってきます。
剃るなら剃るで、定期的に剃って、身だしなみを整える。定期的に生えてくる周期をきちんと把握して、剃るタイミングをはかってください。

 

もちろん清潔な肌に顔に優しい電気シェーバーで、剃ることで、肌へのダメージは最小限となります。
さらに、抑毛効果のあるローションやクリームで、お肌の修復と、毛根を弱らせることをしてください。

 

剃るタイミングは剃る日はお風呂あがりの清潔なときです。剃る日のタイミングは成長期から抜け落ちるまでの間がベストです。

 

なぜなら、成長期に剃ると、翌日には生えてきますので、自然と抜け落ちる直線に剃ることで、当分は休止期間に入ってしまうので、生えてきません。
いくら顔のお肌に優しい電気シェーバーでもこの先何十年と剃ることを考えれば、なるべく回数は減らした方がいいのです。

 

面倒ですが剃ると決めた人は、医療脱毛やエステサロンに気持ちが動くまではうまく顔の産毛と付き合っていくしかありません。

 

そんな顔の産毛を剃ることですが、メリットもあるのですよ!それが、顔の色がワントーン明るくなることなのです。もちろん、剃り方にもよりますが、毛抜きで抜くよりもたるみは抑えられます。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?